iPhone7sでの電池節約方法

subpage01

iPhone7sは最新機種が出るとともに電池の大容量化と省エネ化が進んでいますが、普段利用しない機能を制限することでより電池のもちを長くすることができます。まずはよく言われていることですが、液晶の明るさを暗くすることです。


これが一番効果的です。

LEDのバックライトの明るさを最大にした場合には電池の消費の多くを占めることになります。

iPhone8の在庫情報を見つけましょう。

次に使わない通信の機能を停止する方法です。

多角的な視点からgoo ニュースについて紹介しています。

WIFI、Bluetoothなどの通信系を停止すると、接続先を定期的に検索する機能を停止して電池の減りを抑えることができます。また、一度接続したところは自分の意思に反して勝手に繋がることがあります。

その点停止することでより安心した通信が可能です。

最後に通知機能やアプリのプッシュによるリアルタイム通知を停止することで余計な通信を停止することができます。

メールなど確実に通知を受け取りたい場合には、通知を個別にリアルタイム通知にしてもよいです。しかしあまり緊急を要しない着信が多い場合には、通知方法をマニュアルにするか確認時間を長めに設定するとより電池の消費には効果的です。



また、iPhone7s製造元に使用データを送らない設定にしても問題なく使えますから、余計な機能や通信を減らして、iPhone7sを利用することで初期設定に比べて数パーセント程度利用時間が増えます。


OSバージョン9.0から省エネモードが搭載されます。
個別に省エネ設定しなくても良くなるなどより便利になるかもしれませんが、設定方法を知っているだけで、今後発売されるモデルでも活用できるはずです。

ここ数年毎年初夏には新しいOSが発表され秋ぐらいには新しいiPhone7sが発売される可能性が高いです。

今後の発展に期待したいものです。